ゆるり ひらひら

ゆる~いジョギング。

カテゴリ: しまだ大井川マラソン

前を行く6時間第1集団を追いかけて39キロ手前。
DSCF1414
スーツにネクタイの正装ランナーとエール交換。



さらに、
40キロを目前にしてOL三人組とスライド。
DSCF1415



ついに40キロ。
DSCF1416
5時間38分。

突発性アクシデントやトラブルがない限り
6時間は切れると確信する。
DSCF1417



前に見える6時間ペースの第1集団を追う。
DSCF1419
撮影しながらだけれど、
この辺り、かなりまじめに走っている。



近づいてきた。
DSCF1420



41キロ。
DSCF1421



残りわずか。

遠くにゴール地点が見える付近で
ペースランナーが立ち止まる。
DSCF1422
「ここからは好きなペースで行ってください」
「ゴールはすぐそこです」

「ありがとうございました」
それぞれがラストのペースアップ。

集団がくずれる。



すぐそこにフィニッシュゲートが見える。
DSCF1423



残り200メートル程度。
DSCF1424



お世話になった大エイドの裏を通り抜ける。
DSCF1426



左に曲がると目の前にフィニッシュゲート。
DSCF1427



5時間54分。
DSCF1428


最低目標の6時間は切れた。


ほっとする。ペースランナーに感謝だ。

計測チップを外してもらうときに
靴につけた小さなカボチャに気づくかなと期待したが
気がついてもらえなかった。
DSCF1430
ちょっと残念な気がしたので、自分から申告。
DSCF1316




完走証発行。
DSCF1432
途中で散々な目にあったけれど、前回より7分短縮。



荷物を受け取りに行こうとしたところで
カメラを持ったお兄さんに呼び止められた。

「スポニチプラスです。写真を掲載したいので撮影してもいいですか」
おお、そんなサービスもあるんだ。
もちろん即座にOK。

後日確かめたら、スポニチプラスのギャラリーに掲載されていた。
CapD20191028



その後「おっTファミリー」のプチ打ち上げに参加。
一年ぶりの再会を喜ぶ。



今回も数多くのふれあいがあった。
途中で苦しい場面もあったが
終わってみれば楽しい大会だった。



シャトルバスで対岸の駐車場に着いた時、
大井川の上空には秋の夕空が広がっていた。
DSCF1437



***** おしまい *****





あとは第2折り返しまでの往復。
残り約9キロ。
DSCF1401
過去を振り返ると、この9キロがなかなかの厄介者。
大エイドで満腹になった体は思い通りに動いてくれない。


今回は25キロから歩き出してしまったし、
この先もキロ10分のウォーキングになってしまうのだろうか。



「1時間半くらいかかってしまうのかなあ」
なんて弱気なことを考えていたら
後ろから、なにやらひたひたと迫りくる気配。
靴音を伴ったざわめきがざっざっざっと近づいてくる。

「これは、ひょっとしたら・・・」

「わ、6時間ペース集団!」
DSCF1402
ここは遅れるわけにはいかない。
なんとしてもついて行かなくては。

集団の最後尾に紛れ込む。
DSCF1403



しばらく走って気がついた。
左足小指の痛みがなくなっている。

キロ8分20秒くらいのペース。
このペースで集団について行くと、すごく楽だ。
痛みも疲れも感じない。走る快感、気持ちがいい。
遠くの山も、青い空も、すべてが心地よい。
DSCF1405
よし、このままついて行こう。



歩いているランナーを追い抜く。
DSCF1406
「がんばりましょう、ついて行きましょう」
しばらく前の自分の姿を重ねながら声を掛ける。

気持ちが前を向いているのがわかる。



DSCF1407



気がつくと知らず知らずに集団の前に進んでいた。
はっと気づいてペースを落とし後方に戻る。
DSCF1408
痛みが出てはまずいという不安が、前に行くことを自重させる。



木陰のところでちょっとしたゆるい下り坂。
DSCF1409
「帰りのここが最後の上りポイント、がんばりましょう」
ペースランナーが声を掛ける。
「なるほど、そんなアドバイスもするんだ」と妙に感心する。



小さな橋を渡るころ、6時間集団が二つに割れ始めた。
DSCF1410
後ろの第2集団について行く。



遠くに新東名高速が見えると第2折り返しが近い。
DSCF1411



少し前に出て折り返し点で集団を待ち撮影。
DSCF1412



折り返すとすぐに38キロ。
DSCF1413
残り約4キロ。


痛みはない。お腹も問題ない。いいぞ。

最低限の目標、6時間切りはなんとかなりそうだ。


少しペースを上げて
6時間の第1集団を追いかけることにする。



***** つづく *****


ゆっくり走る、速く歩く、ゆっくり走る、速く歩く。
なんだかストレスがたまる。
痛みのない走り方はないか、
ピッチやストライドを変え、いろいろ試してみるが
あまり効果がない。
キロ10分を越えないように時計を確かめる。



再びお腹が不調を訴えてぐずり始めた。
また二重苦か。なんてことだ。
この状態では大エイドのラーメンが食べられない。
なんとかしなくては。

給水所でトイレに入る。タイムロスだがやむを得ない。。



蓬莱橋が見えた。
DSCF1393
まだゴールまで10キロ以上残っているが
「ああ、やっと戻ってきた」と安堵感が湧く。
左足小指の痛みは変わらないが、お腹の不調は治まった。


蓬莱橋通過。
DSCF1394



相変わらず歩いたり走ったりが続く。


32キロ。
DSCF1395
去年はこの辺りで6時間ペースランナーの後ろだった。
必死でついて行こうとしたことを思い出す。
「前回よりいいペースだ」と自分を励ます。


大エイドステーションまでもう少しだ。
よし、がんばろう。
走る。痛む。歩く。走る。痛む。歩く・・・


遠くに賑わいが見える。大エイドだ。


やっとたどり着いた。
DSCF1396



お腹は大丈夫そうだ。
チキンラーメンの列に並ぶ。
DSCF1397


ゆっくり味わって食べる。
DSCF1398
おいしい。


大エイドの食べ物テントは大盛況。
DSCF1399
コース脇に座り込んで食べる人も大勢いる。


ラーメンの後は微糖コーヒーを一杯。
他にもいろいろ食べたかったがお腹のことを考えて自重。



にぎわう大エイドを後に、第2折り返しを目指して歩き始める。
DSCF1400



残り8~9キロ。まだ6時間は切れるはず。がんばろう。



***** つづく *****


折り返しまで来た。
DSCF1376



ハイタッチゾーン。
DSCF1377



10キロ以降なんとかペースを維持できている。がんばろう。

折り返し直後の第7給水所で塩タブを口に入れて水分補給。

第1折り返し点はコース南端。最下流の最も低いところ。
ここから最上流の第2折り返しまで70メートルほど上る。
見た目は平坦、走っていても上りの認識はないが
知らないうちに影響を受けているのかもしれない。


DSCF1380


折り返してしばらくすると
左足の小指に痛みがでてきた。ペースが落ちる。



23キロ付近、先ほど通ったフルーツステーション前。
DSCF1381
復路のランナーにもフルーツが提供されている。
オレンジをひと切れ口に入れる。おいしい。
でも痛みは軽減されない。

小指の痛みがひどくなる。
シューズが合わないのかな?
いつもと違う走り方をしているのかな?
いろいろ考えながら走る。



24キロ。さらにペースが落ちた。
DSCF1382



25キロ過ぎ。痛みに耐えられない。
DSCF1383
なんとかごまかしながら走っていたが、もうダメだ。
とうとう歩いてしまった。

一度歩いてしまうと
緊張の糸が切れる。


歩いている時は痛みがない。速足で進む。
走ってみる。また痛くなる。
まだ30キロ手前なのに、どうにかならないか。
DSCF1385
歩いたり走ったりを繰り返す。
まわりにもそんな人たちが多い。



なんだかお腹の調子まで悪くなってきた。
二重苦。
DSCF1386
辛い。
ごまかすために写真を撮る。よく使う手段。



トイレに寄る。
多少は楽になったが足の痛みはまだ続く。
DSCF1387



DSCF1388



30キロまで来た。歩いて通過。
DSCF1389

3時間57分31秒。かろうじて4時間を切っている。
DSCF1390
20キロから30キロまでの10キロは1時間26分かかっていた。

残り約12キロ。
キロ10分を越えなければ6時間でフィニッシュできる。
6時間ペースランナーはまだ後方だ。
目標をあっさりと下方修正。

DSCF1391

とりあえずは大エイドステーションを目指そう。チキンラーメンが待っている。



***** つづく *****

10キロを過ぎてペースを上げた。
といってもキロ6分15秒~30秒くらい。
それでもこのゾーンでは結構速い。ぐんぐん追い抜いていける。
短い間だがごぼう抜きの気分を味わえる。

ここにもカボチャ大王がいた。ちょっとした仲間意識。
DSCF1363
カメラに応えてくれたけど、頭が重くないのだろうか。



着ぐるみドラえもんに追いついた。
DSCF1364
暑そう。
その前には三度笠のランナー。

一声かけて先を急ぐ。



後ろから名前を呼ばれた気がした。
ランネット仲間のくぼやんさんだった。

あとから写真を見たら、くぼやんさんが写っている。
DSCF1365

「三月の静岡マラソンは制限時間が厳しい」
なんて話をしながらしばらく並走。
この大会、コース上でくぼやんさんに出会う確率が高い。


キロ6分30秒くらいのペースで折り返しを目指す。
DSCF1366



トップランナーが戻ってきて、スライドが始まる。


前方に六文銭の幟が見えた。
各地の大会でよくお見掛けする鎧姿の武将だ。
暑くて兜を脱いで走っていたが
追い抜いてカメラを向けるとわざわざ兜をかぶってくれた。
DSCF1367
仮装ランナーの気概を見た気がする。
「ありがとうございます。暑いのに申し訳ありません」
「がんばりましょう!」



カボチャ大王はさらに先を急ぐ。
DSCF1368



15キロ通過。1時間57分。
DSCF1369
この5キロは約32分。平均ペース6分25秒くらい。



4時間のペースランナーとすれ違う。
サブ4を目指す大きな集団。あっという間に去っていく。
DSCF1370


5時間集団はまだ見えない。射程圏内か。



17キロ付近のフルーツステーションに着いた。
DSCF1371
果汁で給水。


暑いので大勢のランナーが群がっている。
DSCF1372
大人気。

あまり長居をせずに走り出す。
DSCF1373



5時間ペースランナー集団とすれ違ったのはこの辺りか。
DSCF1374
距離と時間を計算する。
約3キロ差、20分くらいの遅れか。
キロ30秒つめるとすると・・・届かない。


グロス5時間はダメでもネットタイムなら・・・

そんなことを考えながら20キロ。
DSCF1375
2時間31分。

ここからキロ7分ペースなら・・・まだ期待のもてる時間だ。

終盤までがんばれるか。
淡い期待と不安を抱きながら折り返しに向かう。



***** つづく *****

↑このページのトップヘ