ゆるり ひらひら

ゆる~いジョギング。

カテゴリ: 静岡マラソン

清水地区の市街地に入ってきた。
DSCF0895
沿道の人たちが「がんばれ、がんばれ」と応援してくれるが
相変わらず歩いたり走ったりの繰り返し。
応援に応えられない自分がはがゆい。



遠くまで見通せる下り坂。
写真を撮るにはいいポイントだ。
DSCF0896
制限時間が迫る。
ペースアップして気持ちよく下りたいところだが、
脚が攣りそうな気がして勢いよく下りきることができない。



第14給水所でコーラを補給。
脚に刺激が入らないので喉に刺激を求める。

給水所を後にして38キロ付近。
DSCF0897
ゴールまでもう少し。制限時間もあと少し。
この辺に来ると歩いていた人が走り始める。
みんなそれぞれの限界と戦っている。



少しペースを上げて走ってみるが長く続かない。
キロ9分で大丈夫という思いが頭にとどまっている。



39キロ。あと3キロだ。
DSCF0898
たった3キロじゃないか。
言い聞かせるが、そのたった3キロが長い。



40キロ。5時間10分。
DSCF0899
あとで見たら5キロのラップが44分。
キロ9分を意識していたことがよくわかるラップだ。
残り約2キロ。持ち時間20分。完走が見えてきた。



41キロ。
DSCF0900
油断はできない。もうひとつ最終関門がある。


「がんばってくださーい。もうすぐ関門が閉まりますよー」
後方でスタッフの方が大きな声で呼びかけている。
ひとりでも多くの人に完走してもらいたいという気持ちが伝わってくる。
「がんばれ、自分も後ろの人も、がんばれ」
そんな気持ちが湧いてくる。
呼びかけに感謝。



41.6キロ。最終関門。
閉鎖2分前に通過。
DSCF0901
前回は1分前だった。


関門通過と同時に
コース脇に立っているネクタイ姿の男性が近づいてきた。
「失格の宣告をしたくないので、被り物を脱いでください」
「え?」と思う。
顔が隠れたり、危害を与えたり、
迷惑をかけるような仮装が禁止なのは知っていたけれど
帽子代わりの被り物も失格?
釈然としない思いが残ったものの、ここは素直に審判員に従う。

ここまで他のスタッフ、ボランティアさんたちから
「ペンギンさんがんばれ」とか「かわいい」なんて声を掛けられていたのに。

ペンギンの被り物を首にかけて
フィニッシュ前のお楽しみ、ハイタッチゾーンへ。
DSCF0902
疲れていても笑顔でハイタッチ。
少しだけ元気が出る。



最後の距離表示、42キロ。
DSCF0903
向こうに小さくフィニッシュゲートが見える。



もう少し。
DSCF0904



直前で自撮り記念撮影。
DSCF0905



そして、ついにゴール。
DSCF0906
5時間28分。制限時間2分前だ。
昨年より30秒くらいタイムを縮めた。



ゲートをくぐって後ろを振り返ってみる。
DSCF0909
安堵、満足、疲労、落胆、様々な表情を浮かべている。
その向こうで「あと1分・・・30秒・・・」カウントダウンの声。
フィニッシュゲート付近ではし烈な戦いが繰り広げられているようだ。



静岡マラソンは時間がくると係員の人垣がフィニッシュゲートを閉鎖し
1秒でも遅れるとゴールさせてもらえない。厳格だ。
ここまで走ったんだ、がんばれ。
心の中で声援を送りながら完走メダルを掛けてもらう。
DSCF0910




時間内にフィニッシュしたけれど
「海岸通り制覇」は次の機会に持ち越しになってしまった。
来年も走るしかないかな。待ってろ、静岡マラソン。



***** おしまい *****

31キロの第11給水所まで来た。
DSCF0887
疲れがでてきている。
腰のあたりが重い。少し痛みもでてきた。
あまりいい兆候ではない。



海岸沿いの道がずっと先まで伸びている。
DSCF0888

走っても走っても景色に変化がない。
DSCF0889
もう歩く直前の精神状態。
まずいぞ。これでは昨年の二の舞だ。


今年の目標、「海岸通りの制覇」はクリアしたい。
それだけを念じて走る。
道路の標示板を目標に
「あそこまで、次はあそこまで」とひとつずつパスして進む。



34キロくらいだろうか。
道路の反対側をこちらに向かって走るランナー群に気がつく。
「え?折り返し?」
去年はこんなのなかったぞ。
コースが一部変更になったようだ。
事前にコース図を見ていたのに全然気がつかなかった。

もう少しだと思っていたところでの予期せぬ事態、
かろうじてつながっていた心の糸がぷつんと切れた。
しばらくは惰性で走ったが折り返し点が見えず、ついに歩く。
もう粘れない。

歩いたり走ったりを繰り返す。
今年も海岸通りに打ちのめされた。
むなしい敗北感が心に芽生える。



やっと折り返し点が見えた。
DSCF0890



ため息とともに折り返し。
DSCF0891



折り返しとすぐに35キロ、第8関門。
閉鎖10分前。
DSCF0892


ゴール制限時間まで残り64分。
ぼんやりした頭で考える。
あと約7キロ。キロ9分を越えなければゴールできる。
ときどきは歩いても大丈夫だ。



すっかり弱気になって36キロ。
DSCF0894
立ち止まって休むための口実に写真を撮る。


あと約6キロ。
どうなっちゃうんだろう?



***** つづく *****


ゆるい坂をだらだら上っていくと第9給水所。
ここには名物「しぞーかおでん」コーナーがある。
DSCF0879
静岡は「しずおか」ではなく「しぞーか」と発音する。
ちなみに浜松は「はーまつ」と発音する人が結構多い。
昨年は素通りしてしまったしぞーかおでんエイド。
今年は時間に余裕がありそうので立ち寄ってみた。
DSCF0880
コースから一旦脇に外れるが、
暖かな黒はんぺんのおいしさはロスタイム分を支払ってもおつりがくる
寄ってよかった。くせになるかもしれないと思う。



おでんで栄養補給をした後しばらく走ると海が見えてくる。
広々とした風景が広がっている。気持ちがいい。
DSCF0881
風が強い時は苦しめられそうだが、
幸いにも影響を受けるほどの風はない。



海を眺めながら、26キロ。
ここから約10キロ続く海岸通りが静岡マラソン最大のポイント。
DSCF0882
初めのうちは新鮮で快適だが、
変化の少ないコースが心にじわじわとダメージを与える。
それが足の運びにも影響し、
知らず知らずのうちにペースが落ちて体に疲れが広がってくる。



たぶんいずれ歩きたくなるだろうなと思いながらも
なんとか歩かずに第6関門到達。27.3キロ。
DSCF0883
閉鎖時間の約10分前に通過。



そこから500mほどで第10給水所。
黒糖まんじゅうとイチゴがあるぞ。
DSCF0884
まんじゅうの甘みがじわっと体に広がる。
次はイチゴ。

そういえば前回は品切れだった。
路面に踏みつけられたイチゴがひとつ、無残な姿で横たわっていた。
ここにイチゴがあったんだ。切ない気持ちになったのを思い出す。

バラでひとつふたつ持っていく人が多かったけれど
ワンカップ五個入りイチゴをエイドにいた子供が提供していたので、
去年の分まで食べようとカップイチゴを選択。
DSCF0885
次のエイドまで一粒ずつ味わいながら走った。
これで前年のリベンジを果たしたぞ。



イチゴのカップを手にしたまま30キロ地点。
3時間48分。
DSCF0886
25キロから30キロまで40分かかっている。
おでんエイドに寄ったから、そんなものかなと思う。



そろそろ心に飽きが忍び寄ってきた海岸道路。
なんとかがんばってくれよー。



***** つづく *****


第5関門のすぐ先には第8給水所。
アンパンを補給。ここでは一つだけにする。
DSCF0869



河津桜かな?薄紅の花が咲く交差点を右折し南安倍川橋へ。
DSCF0870



橋に向かって少し上り坂。
静岡マラソンのコースはほとんどフラット。
堤防への上り、橋の上りなどが少しあるだけ。
坂道対策は必要がない。



橋の上から安倍川河口を眺める。
DSCF0871



橋を渡りながらまた後方の様子を撮影する。
DSCF0872
後ろを撮るときは基本的に走りながら。
多少ペースは落とすものの、
立ち止まらないから大きくリズムが崩れることはない。



あれ?前回とコースが違うぞ。
去年は中島交差点に向かって下ったのに
今回はそのまま高架上を進んでいる。
DSCF0873



カーブするところで24キロ。
車で走ると気がつかないのだろうけれど
路面につけられた傾斜(バンク)が気になり、とても走りにくい。
DSCF0874
近くのランナーに話しかけると、
同じ思いで走っているようだった。



高架を下り、国道150号線を東進する。
DSCF0875
後ろ方向。
DSCF0877



道路が海岸に近づいてくると25キロの計測ポイント。
DSCF0878
3時間8分で通過。5キロのラップ35分。
キロ7分、これは5時間のペース。


ここまでは予定通りだが、肝心なのはここから先。
期待と不安が入り混じる。さてどうなるかな?



***** つづく *****


第4関門を無事通過した後、
コースは右に折れ安倍川橋を渡る。
DSCF0859
ライトグリーンの塗色が春先の芽吹きを連想させる。
なかなかいい色だと思う。


橋を渡りながら後方の様子を撮ってみた。
DSCF0860



渡り終えたところで交差点を左折。
DSCF0861


安倍川沿いをさらに下流へと向かう。



JR東海道線と新幹線のガードを連続してくぐる。
19キロ地点。
DSCF0862



19.5キロの第7給水所でスパイダーマンを発見。
昨年12月の袋井クラウンメロンマラソンで見かけたランナーだ。
給水のためマスクを外しているスパイダーマンに話しかける。
やはり袋井を走っていたランナーだった。
DSCF0864
地元の方かと思ったが、予想に反して遠方宮城県からの参加だという。
静岡県がお気に入りで、よく県内の大会に参加しているという。
うれしくなる。



再び堤防上の道に出ると松の木の下が20キロ地点。
2時間33分で通過。
DSCF0865
風がない日の堤防はのどかな春を味わえる。
暖かな日差しがあれば昼寝でもしたくなるところだ。



堤防から下りて、東名高速道路の脇で中間点。
2時間40分経過。
DSCF0866
スタートロスを差し引いたネットタイムでは
きっかり5時間のペース。
さほどの疲労は感じていない。
理想的なペースで後半に突入。
なかなかいいじゃないかと少し浮かれ気分。
小躍りしたくなるが、そこはぐっとこらえる。



中間点からしばらく行くと22キロの第5関門。
閉鎖時間13分前に通過。
DSCF0868



よしよし、この調子だ。



***** つづく *****


↑このページのトップヘ