ゆるり ひらひら 走っています

ゆる~いジョギングの絵日記です。

カテゴリ: 写真

とうとう大晦日になってしまった。
もうあと数時間で今年が終わる。


制限時間が近づいてきた。


***** ***** ***** ***** *****

最終エイドを出て
新幹線沿いの道路へ。
DSCF3347_650




平坦で、遥か遠くまで見通せる直線道路。
DSCF3348_650
走りやすいように見えて
実は、単調さに心が折れてしまうところ。




38キロ。まっすぐ。
DSCF3349_650




通り過ぎる新幹線を撮って
気持ちを紛らす。
DSCF3350_650




まだ、まっすぐ。
DSCF3351_650




まだまだ、まっすぐ。
DSCF3352_650




愛野駅の直前でやっと右折し
エコパに向かって上っていくと
最終第6関門。39.94キロ。
DSCF3353_650
エコパスタジアムが見えている。




そのすぐ先が40キロ。
走路スタッフの方が写真を撮ってくれた。
ガッツポーズ。
DSCF3357_650
ゴールのスタジアムがすぐそこに見えるのに、
まだ2キロ以上ある。




残り時間も30分以上ある。
もう全部歩いても間に合う。
DSCF3354_650
でも、走る。
ゆっくりでも走る。




エコパの坂。
ここがきつい。
みんな歩いている。
DSCF3358_650
撮影で立ち止まる以外は
なんとか走る。




スタジアムの外周、裏手のサブグランドをぐるっと回る。
DSCF3360_650




41キロ。
上りはまだ続いている。
DSCF3361_650




反対側までまわって
やっと下ると、
残り1キロ。
DSCF3363_650




ゲートまで来た。
DSCF3364_650




通り抜けて・・・
DSCF3365_650




スタジアム内へ。
DSCF3366_650
ワァーっという歓声が
湧き起こることはないが
まぁ、気分はそんな感じ。
DSCF3367_650




気持ちよくトラックを走り最終コーナー。
なんと、仮装武道家T岡さんが
こんなところで待っていてくれた。
DSCF3368_650




一言二言立ち話をして
お互いに写真を撮りあう。
DSCF3369_650
時間内ゴールは確実だから
今さらあわてない。
DSCF3370_650




ゴール前、最後の直線。
DSCF3371_650




DSCF3372_650
ここもゆっくり楽しんで、
フィニッシュ!
ネットタイム5時間40分。




計測チップを外してもらった後は
記録証の発行。
DSCF3373_650




そして待望の完走メロン。
ふた切れだけだけど、
甘さがじゅわーっと口の中に広がって
おいしい。
DSCF3374_650




ゴール後の熱いお茶もある。
これも美味い。
あぁ、静岡県人なんだなぁと思う。




スタジアムを出て、
荷物を受け取りにアリーナへ向かうと
戻ってくるランナーひとりひとりに
「お疲れさまでした」
と声を掛けている女子高生(?)スタッフ。
DSCF3375_650




囲まれて、いっしょに記念撮影。
DSCF3376_650




アリーナの中で
荷物受け渡しのスタッフとも記念撮影。
DSCF3379_650
みんな笑顔で応じてくれる。
仮装ランナーの馴染みやすさ、かな?




ゆっくりとはいえ
あまり苦しさも感じず
こんな楽な気持ちでフルマラソンを走ったのは
初めてかもしれない。
いつもこんなふうに走りきりたいもんだね。

楽しいマラソンだった。




DSCF3380_650




袋井クラウンメロンマラソン、ありがとう~。
また来るよ~。



***** ***** ***** *****


参考データ
距離 42.195km(フルマラソン)
時間 約5時間40分(ネットタイム)
制限時間使用率 約96%
写真撮影枚数 149枚
プレゼントしたチョコ 50個



今年もあとわずか。
なにかとあわただしい年の瀬。
押し詰まってきた中で、
「袋井マラソン」レポ、年内にゴールできるか?


***** ***** ***** ***** *****


30キロを過ぎるとしばらく平坦な道が続く。
DSCF3325_650




第6給水所。
ボランティア中学生の笑顔と声援を受けて
スポーツドリンクをひと口ふた口。
とにかくこまめな給水を心がける。
DSCF3327_650




給水所向かいでは、地元の方による太鼓の応援。
DSCF3326_650




道路脇に積もった銀杏黄葉。
黄色のじゅうたんにぬくもりを感じる。
DSCF3328_650




また田んぼ道。
この辺りから遠州名物のからっ風が吹き始めた。
平坦だけど、決して楽じゃない。
DSCF3329_650




32キロ。
ほとんど応援する人のいない田んぼの道で
ひとり応援してくれる仮面ライダー?
DSCF3330_650




風が、風が・・・
道路脇の幟がはためいている。
DSCF3331_650




ここにも応援してくれる人がいた。
「ロッキー」の音楽を流し
ランナーひとりひとりに「ナイスラン!」と声を掛けている。
DSCF3332_650
ロッキーの応援は今まで何度か見たけれど
同じ人なんだろうか?




国道1号線をくぐりぬける。
暗いところで走りながら撮ると
予想どおりにぶれるなぁ。
DSCF3333_650




この先、毎回楽しみにしている私設エイドがある。
今回もあるだろうか。




あったぁ。
コースのご近所さんがやってくれていると思うんだけど
いつも熱いお茶が用意されている。
風で冷えたランナーにはとてもありがたい。
DSCF3334_650
マラソンを走って
熱いお茶が飲めるって嬉しいね。
今回はさらに食べ物やコーラまであって
この私設エイド、バージョンアップしてるよ。
子どもがエイドのお手伝いをしていたので
ここでもクリスマスプレゼントを手渡した。




34キロ。
向こうに見える住宅地まで
強風の中を走る。
この日最もからっ風がきつかったところ。
びゅんっと吹き付ける風に、足もとがふらつく。
なかなか前に進めないぞ。
DSCF3336_650




やっと風をさえぎる住宅地に入って、
第5関門。34.82キロ。
制限時間5時間01分。
まだ20分以上ある。
DSCF3337_650




関門を通過するとすぐに第7エイド。
DSCF3338_650
給水だけかと思っていたら
フルーツやチョコなどが並んでいる。
うれしい誤算。


しかも、なんと法多山名物厄除け団子まであるぞ。
DSCF3339_650
これはありがたい。
うれしくて二つも食べてしまった。
おいしい~。


ここで予想外の時間を使ってしまったけど
団子を食べることができて、大満足。




市役所方面に向かって、
35キロ地点。
DSCF3340_650
通過タイムは約4時間35分(ネット)。平均ペース7'51"/km。
この5キロ、およそ45分。
熱いお茶と、コーラと、厄除け団子で
たっぷり時間を使ったから仕方がない。




袋井駅方向に向かって橋を渡るゆるい上り。
あまり気にならないのは、調子がいいのか?
DSCF3341_650




駅に行きつく前に左折して
JR東海道本線沿いをまっすぐ進む。
この直線、気持ちを維持するのに大変なところ。
DSCF3343_650




37キロ。
右折して東海道線のガードをくぐる。
DSCF3344_650




続けて、すぐに新幹線のガード。
DSCF3345_650
ここを抜けてひと上りすれば
親水公園駐車場の最終エイドだ。




前に走ったときは
エイド手前のほんのちょっとした上りが意外にきつかった。
今回は・・・
お、それほどでもないぞ。走りきれる。


最終エイド到着。
給水とフルーツ。
口の中にバナナが入っているのに
「バナナ食べてくださ~い」と勧める中学生ボランティア。
「ちょっと、もぐもぐ、待て。もぐもぐ、今、バナナ、もぐもぐ、食べてる・・・」


品数の残りが少なくなって
空間のできたテーブルに
ザックから残りのプレゼントチョコを全部出して
中学生にクリスマスプレゼント。
DSCF3346_650


向こうに、何時間か前に通った広愛大橋が見える。


笑顔と声援に見送られて、
さあ、フィニッシュまであと少しだ。



***** つづく *****


うれしいニュース。
来年春の掛川新茶マラソン開催が決まった。
一時は中止の報道があり、
半ばあきらめて他の大会を探していたけど
来年もあの坂道を走れることになった。
関係者の方たちに感謝。

少し遅れたクリスマスプレゼントかな。
それとも、早めのお年玉かな。
いずれにしてもうれしい。
一歩一歩かみしめて走ろう。



*****  *****  *****  *****



袋井クラウンメロンマラソンまだ続いてるよ。




短めのトンネルを通過。
DSCF3311_650





24キロ。
DSCF3312_650





25キロ。
DSCF3313_650

順調だ。



26キロ。
DSCF3314_650

距離表示を見つけるごとに撮影している。




27キロ手前付近だろうか。
泥棒さんに追いついた。
DSCF3316_650


28キロ。
小さな坂をひとつ越す。
DSCF3317_650

その坂の上の方で
子どもが梅干しを配っていた。
おお、チャンス!
ひとつもらって
お返しにチョコをプレゼント。
「メリークリスマス!」




上りきったところに私設エイド。
DSCF3318_650

右にカーブして坂を下る。




右手上に遠州三山のひとつ可睡斎(かすいさい)。
DSCF3319_650





第4関門。28.86キロ。閉鎖時間13時20分。
通過時間12時56分。
24分の余裕。よしよし。
DSCF3321_650





関門前を左にカーブすると
前方に上り坂。
DSCF3322_650

過去に走った時、この坂は試練の坂だった。
脚が攣り、痛みをガマンしながら上った・・・。
疲れて気持ちが切れ、とぼとぼ歩いた・・・。
この坂はひとつの壁だった。
今回は、大丈夫。
体も心もめげちゃいない。
決して速いペースではないが
過去を越えるように一歩一歩を着実に刻む。




ふうっ、上りきった。
過去をひとつ乗り越えた。
DSCF3323_650





下ったところが30キロ手前。
応援していたT岡さんと少々立ち話。


力をもらって30キロ通過。
DSCF3324_650

3時間50分。平均ペース7分40秒。
この5キロ42~43分。
ペースが落ちているけど、この程度なら大丈夫。
アクシデントがない限り
目標の6時間完走には問題ないぞ。


***** つづく *****



袋井クラウンメロンマラソンから2週間。
きょうは20キロのジョギングに行ってきたよ。
身体は20キロ走るところまで回復してるけど
このブログのレポはまだまだ続いてる。
今年も残すところあと数日。
年内にはフィニッシュしたいね。

ということで、写真レポ第6回目。

***** ***** ***** *****

18キロまでやってきた。
田んぼ道を進む。
DSCF3297_650





広々として気持ちよさそうだけど・・・
変化がない。応援もない。
単調な風景。
DSCF3299_650





こんな時には・・・
自分撮りで気分転換。
DSCF3298_650





単調な道が永遠に続くわけじゃない。
がまんして走っているうちに、
街並みと松並木。声援を送ってくれる人もいる。
旧東海道?そんな雰囲気を感じる。
DSCF3300_650

やはりマラソンコースには
こんな風景の変化がほしい。
ゆっくり走るランナーにとって、風景の変化と沿道の声援は必需。




国道1号をくぐり抜ける地下道へ。
DSCF3301_650





ここ、なんとなく気になる場所。
いつも写真を撮っている気がする。
DSCF3302_650

まわりの暗さと前方に見える光のコントラストがフォトジェニック。




前方にオレンジ色のウェア。
よく目立つので目標にして追ってきたけど
近づくと背中に「亀」の文字。
悟空じゃないか。
DSCF3303_650

この先のカーブで追いついて
「悟空、ファイト」と声を掛ける。
「ありがとう~」と応えながら、
悟空はなにかを口に入れた。
ひょっとしたら、仙豆(せんず)か?




20キロ通過。
ネットタイム2時間27分11秒、平均ペース7分21秒。
15キロから20キロまでの5キロが約37分。
前の5キロとほぼ同じ。ここまでは安定しているぞ。
DSCF3304_650

思いつきで時計を一緒に撮影してみた。
文字盤が暗くなって時間がわからない。
この時は写っていると確信していたのだが、
あ~あ失敗。がっかりだ。





21キロ。
前方に東名高速道路が見える。
DSCF3305_650





その東名高速をくぐり抜ける直前が中間点。
半分まできたぞ。
DSCF3306_650





22キロ地点の少し手前。
コースの端をさっそうと走り抜ける自転車。
空手着を身にまとったT岡さんだ。
DSCF3307_650

あわてて写真を撮ったが、後姿はすぐに小さくなってしまった。
次の応援ポイントに向かっているのだ。
次がどこになるのかわからないが
「よぉし、がんばろー」
T岡さんの背中が無言の応援になる。




22キロ。
DSCF3308_650

袋井クラウンメロンマラソンは
毎年のように微妙にコースが変わる。
数年前に走った時、
この道は確か逆方向に向かった覚えがある。




ちなみに、これは今回のコース図。
coursemap2016a





第3関門到着。
22.94キロ、閉鎖時間は12時29分。
約25分の貯金がある。
DSCF3310_650

脚はまだ動いている。痛みもない。
いけるよ、いけるよ。


**** つづく ****


12/25のジョグ
20km 2°09'10" (6'28"/km) 高度上昇701m ピッチ188spm


12キロ過ぎの上り。
前後するまわりのランナーが同じ顔ぶれになってきた。
DSCF3285_650
この辺までくるとペースはかなり落ち着いている。




上りきって第2給水所付近、
メロンさんがゴミを拾いながら走っている。
写真を撮って手を振ると笑顔で応えてくれた。
ここはお先に行かせてもらう。
DSCF3286_650




気持ちのいい下りだが
飛ばしすぎないように気をつけよう。
DSCF3287_650




第1関門到着。
12.89km、制限時間1時間54分。
15分程度の余裕がある。いいペースだ。
DSCF3288_650




13キロ、また上っている。
DSCF3289_650
この辺は上り下りの繰り返し。


まだ序盤、
ここで調子に乗って飛ばすと後半にツケがまわってくる。
撮影のために走ったり止まったりしているから
脚への負担は大きいはず。
少しでも体力を温存しよう。




14キロ付近、
まっすぐ進むと法多山入口の交差点に戻ってしまう。
コースは少し先で左に折れていく。
DSCF3290_650




沿道の応援が少ないところでは
気持ちが単調になってしまう。
ここは気分転換の自分撮り。
最近はこれがひとつのテクニックになっている。
DSCF3291_650




西に向かって15キロ地点。
タイム1時間50分くらい。平均ペースキロ7分20秒。
この5キロを約37分30秒。
DSCF3292_650
今のところもくろみどおり進んでいるぞ。




16キロ付近で第2関門を通過。
また上り始める。
DSCF3293_650
気力も体力も大丈夫。
そりゃそうだ、まだ半分も走っていない。
ここで疲労困憊じゃ完走が危ない。




坂を越えて下ったところが広愛大橋。
東海道線と新幹線、原野谷川をひとまたぎする橋。
前半の応援ポイントになっている。
歩道で声援を送る人が大勢いる。
子どもの姿も見えるぞ。
プレゼントの準備・・・完了。
DSCF3294_650
子どもたちにプレゼントを渡しながら橋を上る。
「メリークリスマス」
ハイタッチ応援のために差し出す手にチョコを渡す。
「え?なに」って顔が笑顔に変わる。いい瞬間だ。


橋の下には最終エイドがある。
歓声が聞こえてきた。
どうやらトップランナーが通過しているようだ。

速っ。
この下を通過するまでには、まだ2時間以上かかるぞ。




橋の上、17キロ付近。
DSCF3295_650




この橋から見える風景が好きだ。
まっすぐ続くコース。
前方に広がる家並と北部の丘陵地、山間地。
空は広く、青い。
そして快適な下り坂。
いちばん気持ちのいいところ。
DSCF3296_650




レースは向こうに見える袋井市北部の田園部、丘陵部へと続いてゆく。
冬の遠州名物、からっ風のお出迎えを受ける部分。
ここまであまり風の影響はなかったが
さてどうなるかな・・・。



***** つづく *****


続きを読む

↑このページのトップヘ