前を行く6時間第1集団を追いかけて39キロ手前。
DSCF1414
スーツにネクタイの正装ランナーとエール交換。



さらに、
40キロを目前にしてOL三人組とスライド。
DSCF1415



ついに40キロ。
DSCF1416
5時間38分。

突発性アクシデントやトラブルがない限り
6時間は切れると確信する。
DSCF1417



前に見える6時間ペースの第1集団を追う。
DSCF1419
撮影しながらだけれど、
この辺り、かなりまじめに走っている。



近づいてきた。
DSCF1420



41キロ。
DSCF1421



残りわずか。

遠くにゴール地点が見える付近で
ペースランナーが立ち止まる。
DSCF1422
「ここからは好きなペースで行ってください」
「ゴールはすぐそこです」

「ありがとうございました」
それぞれがラストのペースアップ。

集団がくずれる。



すぐそこにフィニッシュゲートが見える。
DSCF1423



残り200メートル程度。
DSCF1424



お世話になった大エイドの裏を通り抜ける。
DSCF1426



左に曲がると目の前にフィニッシュゲート。
DSCF1427



5時間54分。
DSCF1428


最低目標の6時間は切れた。


ほっとする。ペースランナーに感謝だ。

計測チップを外してもらうときに
靴につけた小さなカボチャに気づくかなと期待したが
気がついてもらえなかった。
DSCF1430
ちょっと残念な気がしたので、自分から申告。
DSCF1316




完走証発行。
DSCF1432
途中で散々な目にあったけれど、前回より7分短縮。



荷物を受け取りに行こうとしたところで
カメラを持ったお兄さんに呼び止められた。

「スポニチプラスです。写真を掲載したいので撮影してもいいですか」
おお、そんなサービスもあるんだ。
もちろん即座にOK。

後日確かめたら、スポニチプラスのギャラリーに掲載されていた。
CapD20191028



その後「おっTファミリー」のプチ打ち上げに参加。
一年ぶりの再会を喜ぶ。



今回も数多くのふれあいがあった。
途中で苦しい場面もあったが
終わってみれば楽しい大会だった。



シャトルバスで対岸の駐車場に着いた時、
大井川の上空には秋の夕空が広がっていた。
DSCF1437



***** おしまい *****