ゆるり ひらひら 走っています

ゆる~いジョギングの絵日記です。

お腹は満たされ、喉は潤った。
次の駅を目指してがんばろう。


国道362号。単調な道。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 056
走りやすいけど、ちょっと退屈。


しばらく行くと、駅舎がないホームだけの駅、
常葉大学前。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 062


退屈しのぎに
「なにかないかな?」と思っていたら、
踏切の警報器の音が聞こえてきた。

やってきたのは、
直虎ラッピングの車両。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 063
「おお、写真、写真・・・」

車両を見送り、
天浜線のガードをくぐると
都田の街に入っていく。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 066


都田小学校の裏手の道を行くと
子どもたちが描いた絵かな?
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 067
これを沿道の応援にしよう。


都田駅到着。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 068


「他の駅より人が多いなぁ」と思ったら、
カフェ併設、生演奏中だった。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 071
しばし耳を傾ける。


ホームに車両が入ってきた。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 072


武田信玄、徳川家康。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 074
戦国ラッピングの車両だ。


Slow Lifeが始まる駅、都田で
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 069
しばらくくつろいだら・・・


さて、また走り出そうか。



*****  つづく  *****


気賀駅を後にして
しばらく気賀の市街部を走る。

地震厄除け、細江神社。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 034


気賀の名物「みそまん」をお土産に購入。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 036


まっすぐ進むと井伊家の菩提寺龍潭寺。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 037
でも、今回のコースは国道沿いに右折。


都田川。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 038


静かな住宅地を進む。
カーブミラーを利用して一枚。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 039


岡地駅。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 040


この辺り田園風景が広がる。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 042


金指(かなさし)駅が近い。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 045


金指駅到着。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 047
このあたりで約7.3キロ。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 049


さてこの先のコンビニで昼食でも仕入れよう、
と思ったが・・・


おわっ、あてにしていたコンビニがない。
まいったなぁ、この先しばらく店はないぞ。
昼食抜きでは、
楽しむはずのマラニックが苦行になってしまう。

どこかにコンビニはないか?
その辺をぐるぐる廻ってみたら、遠くに看板が見えた。
コースから外れた道だが
ここは寄り道するしかない。
数百メートル余分に走って昼食を購入。
ほっ、よかった・・・


踏切を渡って、元の道路に戻る。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 051


金指から少し進んだところにある
宝林寺というお寺の一角で食事にしよう。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 052


しばらくコンビニ袋を手にえっちらおっちら。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 055


木陰で休憩。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 053


ほっと一息。

・・・・・・・・・・

お腹も落ち着いたし、
さあ、出発。


*****  つづく  *****


大型連休最終日の5月7日、
天浜線沿線マラニック第2弾に行ってきた。

前回は掛川駅から天竜二俣駅まで走った。
今回はその続編、
天竜二俣駅と西気賀(にしきが)駅の間を走る計画。


前回同様、天竜二俣駅に車を置き
スタート地点まで天浜線に乗って移動。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 001

W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 003

西に向かって天竜川を渡る。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 004
戻ってくるのは何時間後になるのか。


朝、用事があったのでスタート時間が遅くなってしまった。
西気賀駅に着いたのはお昼前、11時ころ。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 010


乗ってきた車両を見送り、駅舎の外に出る。
五月の日ざしがまぶしい。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 013


ここがきょうのスタート地点。
まずは記念撮影。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 014


駅前の国道362号線を東に向かう。

走り始めてすぐ
反対方向から走ってくる男性とすれ違う。
地方の一般道でランナーと行き会うことはあまりない。
すれ違いざまに軽く挨拶を交わす。
一瞬の出会いだが、
まったく見知らぬ人に親近感、連帯感を覚える。
なんとなく嬉しい。

この区間、少しだけ浜名湖のほとりを走る。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 015
遠くの景色が少しかすんで見えるのは
黄砂の影響かもしれない。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 016


国道を離れて一時的に周遊自転車道へ。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 018
ずっと走ると天浜線から離れてしまうので
少しだけ走って脇道にそれる。
いつか別の機会に浜名湖周遊マラニックにもトライしてみよう。


前方から自転車に乗った中学生が二人。
「こんにちはー」
元気よく挨拶をして通り過ぎていった。
気持ちのいい挨拶だ。

これから進む方向に中学校がある。
その脇の道を通る予定。
ということは、今中学生が来た道を行けばいい。
自転車通学路だから、安全なはずだ。

思ったとおり、自転車歩行者専用。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 020

車の通行を気にせずに走れる。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 021
余分なストレスがひとつ減った。


交差点も地下道をくぐってパス。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 022


中学校脇の道路。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 023
一般道に戻ったが車の通りはほとんどない。


気賀の関所に到着。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 026
昔、東海道の迂回ルートとされた
浜名湖北岸を通行する姫街道。
その姫街道に設置されたのが気賀の関所。


関所と気賀駅の間にある
「おんな城主直虎」大河ドラマ館。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 029
中には入らず、外の様子だけ撮影して通過。


やっとひとつ目の駅、気賀駅に着いた。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 031

W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 030


大河ドラマ「おんな城主直虎」の舞台になっている井伊谷(いいのや)が近い。
街のあちこちが直虎カラーに染まっている。

バスも「直虎」ラッピング。
W800Q80_2017-05-07 天浜マラニック西気賀-二俣 032


ここまで、距離はまだ4キロ手前。
マラニックとはいえ、
こんなのんびりペースで大丈夫か?


*****  つづく  *****


(参考 天浜線路線図)
20170506CapD_1





↑このページのトップヘ