ゆるり ひらひら 走っています

ゆる~いジョギングの絵日記です。

前回からの続き。


*****  *****  *****


知波田駅を過ぎてしばらくすると、
天浜線は西寄りに進路を変え、浜名湖畔を離れていく。

どの辺で曲がればいいのか、
加減しながら走らなくっちゃ。


跨線橋を渡ったところで
脇道にタチアオイが咲いているのを見つけた。
下には線路。
ちょっと寄り道して写真でも撮ろう。

カメラを構えようとしたら
車両の響きが聞こえてきた。

お、チャンス!
しばらく待って通過する車両を撮影。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 037
この偶然が妙にうれしい。
「うん、ついてるぞ」と思う。
単純。

タチアオイは下から開花していく。
いちばん上の花が咲く頃に梅雨が明けるという。
暑い夏が徐々に迫ってくる。


交差点にやってきた。
「この辺りが右折のタイミングかな」と
スマホで地図確認。
手ごろなポイントだ。


ガードをくぐった先に栗の花が咲いていた。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 040
栗の花は強い香りがする。
六月の匂い。


脇道に入り、草の茂った小川を渡る。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 041


田んぼ道。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 042
風が強い。


おっ、駅だ。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 043
突然現れた感じ。
大森駅。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 044


さらに田んぼ道を行く。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 045


向こうの小高い森まで、田んぼ道をまっすぐ。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 046
路面にカメラを置いて撮影。
シャッターが切れる瞬間に戻ろうとUターンしている。


車両がやってきた。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 047
「となりのトトロ」で田んぼを疾走する「ねこバス」を連想する。

ほぼ天浜線に沿って走っているのがわかり
ほっとする。


小高い森のところまで来て
道路は左に曲がり上っている。
線路とは離れるが、他に進む道はない。
適当なところで見当をつけて曲がろう。


住宅地の狭い生活道路を通り、大通りに出る。
交差点できょろきょろ見回すと、
標示板に新所原駅の文字。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 049
「やったぜ、あと700メートルだ」


駅が見えるところまできた。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 050


新所原駅直前。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 051
すぐそこが駅前交差点。
週末のお昼時、人通りが少ない。


コンビニで昼食購入。


到着。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 052
向かって右がJRの駅舎。
天浜線の駅舎は左側の小さい建物。
三ヶ日駅からここまで約15キロ。


初めて走った道。
地理に不安があったから、実際の距離以上に長く感じた。


駅舎の中には、「駅のうなぎ屋」さんが同居。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 054

わー、コンビニでお昼ご飯買っちゃったよ。
残念。


ここまでで午前の部完走。


この後、お昼を食べながら天浜線で三ヶ日に戻り、
そこから逆方向に向かって午後の部だ。



*****  午後の部につづく  *****

前回からの続き。

*****  *****  *****

しばらく天浜線と離れて湖岸沿いを走る。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 008
湖面に突き出た棒杭は、たぶん牡蠣の養殖用。


道はゆるやかな上り勾配。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 010


辺りにはボートの係留地が多い。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 013


道を挟んだ向かい側に、よく目立つオレンジカラー。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 012
ミカンの形をした公衆トイレだった。
三ヶ日はミカンの産地でもある。



W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 014


5キロほど進むと
浜名湖の景勝地のひとつ、瀬戸に到着。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 015
浜名湖と猪鼻湖をつなぐ狭まった部分。

地図で示すと、ここ。
20170610CapD


遠江八景というのは初めて知った。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 020


ここから浜松市の西隣、湖西市に入る。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 017


浜名湖の名物と言えば、うなぎ。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 018
でかいぞ。
近年すっかり高価になって、気軽に手を出せない。


301号線のすぐ脇を並行する住宅地の狭い道を進む。
カメラを置いてタイマー撮影。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 021
交通量の多い主要道より安全で走りやすい。
ただし湖岸からは少し離れてしまう。


ユリの香りが強かった。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 022
この先で主要道と合流。


ゆるやかな坂を上りながら浜名湖を望む。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 024
手前の緑はミカンの木。
秋から冬になればミカンがいっぱい実るんだろうな。


道はもう少し上る。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 025


上りきって下ると、また湖に近づく。
もうアジサイが咲いていた。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 026
浜名湖ブルー?
今日みたいな晴天は、アジサイにはちょっと辛いかもしれないね。



W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 027
初夏の風が心地いい。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 028
あまり暑さを感じないのは、この風のおかげ。



しばらく行くと、前方に天浜線のガード。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 031
なんだか久しぶりに懐かしいものと出会った気がする。


浜名湖西岸を南に向かっている、と思う。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 032
コースが平坦になっている。


小さな川を渡る。
すぐそこに天浜線の橋梁。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 033
その向こうに浜名湖。


橋を渡って間もなく知波田駅に着いた。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 034
天浜線にしては珍しい現代的な駅舎。
駅の建物に同居しているのは歯医者だった。


W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 036
この写真を撮った直後、
右側のドアが開いて看護婦さんが出てきた。
ホームと歯医者が直結している。


三ヶ日駅からここまで約9.2キロ。


日陰で少し休憩してから
新所原駅目指して再びスタート。

この先は浜名湖と離れて進むことになる。
迷子にならずに行きつけるかな?
少々不安。


*****  つづく  *****


まだ梅雨入りする前の六月初めの土曜日、
天浜線沿線の未踏区間を走ることにした。

三ヶ日駅で天浜線を降り、駅舎を出たところで
車両の中に帽子を忘れたことに気がついた。


スタート前からつまづいた。
今日は日ざしが強く、暑くなりそうな予報。
「まずいなぁ」
熱中症という言葉が脳裏をよぎった。
でも、ここまで来て中止するという選択肢はない。
「あーあ、なんてこった・・・」
小さくつぶやき、それで帽子のことは諦めることにした。


W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 002

W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 001
駅舎の写真を撮り、給水用に自動販売機でペットボトルを一本購入。
軽くストレッチなどして固まった身体をほぐし、
さあ、スタートだ。


今回の区間はあまり地理に詳しくはない。
おおよその方向を定めてゆっくり走り出す。


駅前から少し走るとすぐに湖岸に出た。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 003
きょうはこの風景を満喫して走るぞ。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 004


三ヶ日の隣の駅は奥浜名湖駅。
近くを走っているはずだが、駅舎が見つからない。
どこにあるんだろうと思っているうちに
その次の尾奈駅に着いてしまった。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 005
道路の向かい側から写真を撮って通過。



今回の区間、天浜線には短いトンネルがいくつかある。
浜名湖北岸は山が近く起伏の多い地形になっているためだ。
走る道路にトンネルはない。
思った以上にアップダウンが多い。
坂を避ければ、湖岸沿いを大きく迂回することになる。
坂道にするか、遠回りするか、気分次第で判断しよう。

ほら、さっそくそんな区間がやってきた。
道路の右方向に線路があり
前方の山をトンネルが突っ切る。
W800Q80_2017-06-03 天浜線マラニック3 006
走るコースは左方向に迂回しながら上り坂。
他に道はなさそうだ。
あの山の向こう側まで
天浜線とは少し離れて進むことになる。


それにしても
道路脇の空き地に車じゃなくボートが置いてあるってのは・・・
やっぱり浜名湖沿岸だね。



*****  つづく  *****

↑このページのトップヘ