ゆるり ひらひら 走っています

ゆる~いジョギングの絵日記です。

第5関門をそこそこのタイムでクリアし、
JR袋井駅の手前を左折してから、36キロを通過。

コースは東海道線沿いに。
ちょうど列車が来たのですかさず撮影。
DSCF0781



しばらく線路沿いを走り、
37キロを過ぎたあたりで
広愛大橋下の最終エイドに到着。
DSCF0782
このエイド手前にあるほんのちょっとした短い坂。
疲れた身には思った以上にきつかった。



エイドでひと休みしたあとは、
新幹線沿いの直線道路。
平坦でまっすぐ伸びるこの道路がなかなかの曲者。
単調ですぐに飽きがくる。
飽きがくると走りたくなくなる。
そんな訳で、坂でもないのに歩いている人が結構多いところ。
38キロ。
DSCF0783


ほぼ同じところで後方の様子。
DSCF0784



39キロ。
まだ直線だが、やっと終わりが見えてきた。
DSCF0785
JR愛野駅に突き当たったところで右折だ。



直線道路の単調さから解放されたと思いほっとすると、
ここから、エコパへの上りが始まる。


ひいこらひいこら上る脇を
すでにゴールして着替えを済ませたランナーが
駅に向かってぞろぞろ歩いていく。
こんなに人の目が多いとなかなか歩きにくい。
ときどき掛かる声援に応えながら、
ひいこらひいこら。
「メ、メリー、クリスマス」


一旦平らになったところが第6関門。39.94km。
DSCF0786
9分前に通過。


すぐに40キロの表示。
目の前にフィニッシュ地点のスタジアム。
DSCF0788
あと、約2キロ。
目の前なのに2キロあるってことは、
今回もスタジアム外周を
ひとまわりさせてもらえるってことか。


最後のエコパ坂がひかえているけれど
残り時間が24分あるから
全部歩いても6時間には間に合うだろう。



案の定、外周をひとまわり。
DSCF0789
この外周回りを知らず
最後に気持ちの折れるランナーが結構多い。



ぐるっとまわって正面に来ると
ゴールゲート。
DSCF0790
例年なら
スタジアム内のトラックを走ってフィニッシュなんだが、
これもまたいいか。



競技終了8分前にゴール。
DSCF0791
5時間30分を切りたかったという思いもかすかにあるけれど
ほぼほぼ想定内のタイム。



記録証の発行。
DSCF0792
女子高生ボランティアのピースサインと笑顔に
42キロの疲れが吹っ飛ぶ。



メロンゾーンで
ごほうびのクラウンメロン。
DSCF0793
二切れのメロン、
甘さが口の中にじゅわーっと広がり、至福のひと時。



もうフルマラソンはやめようかな、
と思った瞬間もあったけど
スタジアムを振り返りながら
来年は飛び賞のメロンを獲るか、なんて漠然と考えている。
DSCF0799
ありがとう、袋井クラウンメロンマラソン。
来年もまた走るよ。

たぶん。



***** おしまい *****

狭い地下道をくぐり、国道1号線の南側に戻る。
DSCF0773
地下道に出入りするちょっとした傾斜が思ったより辛い。



くぐりぬけたところに私設エイド。
暖かいお茶やコーラを提供してくれる。
DSCF0774
毎年お世話になる私設エイド。
ここは後方を走るランナーにとって貴重なオアシス。
とてもありがたい。
暖かなお茶は、冷えた身体と気持ちを温めてくれる。



34キロ手前付近。
遮るもののない田んぼを渡り、
冬の名物「遠州のからっ風」がやってきた。
DSCF0776
北寄りの風が吹きつける。
サンタのひげが強風になびく。
顔をくすぐるひげがうるさい。ちょっとイラつく。


34キロ。
DSCF0777
まだ続くか、田んぼ道。



住宅地に入って、やっと風がおさまった。
35キロ付近のエイドで
遠州三山のひとつ法多山(はったさん)名物の厄除け団子にありつく。
後方のランナーがたどり着くころには品切れ、
ってことが多いが、今年は無事にいただくことができた。

厄除けができたから
気持ちよくフィニッシュできるかな。
ご利益授かりますように。

ついでに小饅頭をひとつ手にして
食べながら35キロへ。
DSCF0778



袋井市役所南の交差点を左折。
そこが第5関門。35.16km。
閉鎖8分前に通過。
DSCF0779
歩いたり立ち止まったりしたから
タイム貯金をかなり浪費してしまった。

残り約7キロを64分。キロ9分ペースをキープすればOK。
大丈夫だろう。
たぶん・・・。


***** つづく *****

第4関門のある交差点を左折するとすぐに29キロ。
ここから上ってひと山越える。
DSCF0764
毎回きつく感じるこの上り。
過去には、足が攣って走れなくなったこともある場所。
慎重に行こうという気持ちと
攻めて挑戦しようという気持ちが交錯する。

が、結局いつものように
「きついなぁ・・・」と思いながらとことこ上る。



下って、平坦な田んぼ地帯に来ると30キロ。
DSCF0766
ここを4時間で通過するのがひとつの目安。
30キロを4時間なら、
残り12キロを2時間で制限時間クリア。
キロ10分ペースをキープすればいい。

時間を確かめると、3時間52分くらい。
大丈夫、これなら制限時間に間に合いそうだ。
そう思ったとたん、一気に気持ちが緩む。
DSCF0768
やはり歩いている人が多い。

第6給水所に到着。
DSCF0769
ここでもしばらく休憩。



自撮り。
気分が変わるか。
DSCF0771



左手遠く、山の中腹に
ゴール地点のエコパスタジアムが見える。
コースはそこから遠ざかっていく。
早くあそこにたどり着きたい。


32キロ、単調な田んぼ道を進む。
DSCF0772


実際は大した距離ではないのに、
とても長く感じる。
コースは知っているのに、どこまで続くのかと思ってしまう。
1キロってこんなに長かったっけ?




***** つづく *****


↑このページのトップヘ